研修プログラム

HOME > 研修プログラム
私達は、患者さんにとって真に有用な薬を見極める力量を身につけることが求められています。患者さんの立場にたった薬剤評価や薬害の防止、経済的で有効な薬物療法の実践に努めなければなりません。地域医療に貢献し、民医連の薬剤師としての成長を目標とした研修に取り組んでいます。

習得内容|Content of acquisition

一年目
習得内容一年目

(1)医療人としての基本的姿勢を身につける

(2)調剤業務全般ができるようになる

(3)疾患と薬物治療の基本(薬局内での自己学習とその発表、外部研修会への参加)を理解する

(4)在宅薬剤服用管理指導を実践する

(5)医療連携の実際(近隣医療機関との合同カンファレンスに出席)に参加する

(6)薬剤師(薬局)と関連する医療制度、社会制度を学ぶ

二年目(病院における臨床研修あり)
習得内容二年目

(1)患者さんの生活背景をふまえた服薬指導を行う

(2)地域の人への講師活動を行う

(3)調剤報酬、保険請求のしくみを理解する

(4)在宅薬剤服用管理指導を実践する

(5)病院薬剤課の業務(医療連携チームを組んでいる近隣の病院で2ヶ月間の研修)を経験する

(6)DI業務を行う

三年目
習得内容三年目

(1)職場内でのリーダーの役割ができるようになる

(2)当社内の他薬局での業務(少人数職場)を経験する

(3)新入職員や実習生の指導を行う

(4)医療活動研究会、学会等での発表を行う

(5)東京民医連の他法人の薬局で研修(2週間)

その他

・インターネット上の学習 e-ラーニングを受講(費用は会社負担)

Copyrights(c)2010 株式会社ユニオン企画 All rights reserved.