業務紹介

HOME > 業務紹介

薬局の窓口で

安全で有効な服薬のために|For a safe, effective taking medicine

対話しながら渡薬
対話しながら渡薬
お薬の一つ一つを患者さんと一緒に確かめた上でお渡します。患者さんとの会話を通して、副作用や重複投与のチェックをしたり、患者さんからの要望や疑問にお答えします。お薬を変更してほしいなどの相談にも丁寧に対応します。
薬歴管理と服薬指導
患者さん一人一人の薬歴簿(薬のカルテ)をつくり、服薬状況を的確に把握し、アレルギー歴や副作用の有無などを記録します。また、OTCの使用や他科受診の有無、服用の状況などを聞き取り記録します。安全で有効な薬物療法が継続できるように、日々の服薬指導にかかせないものです。
処方内容のチェック
処方内容のチェック
副作用、相互作用、前回処方との違いなどを処方箋と薬歴を突き合わせながらチェックします。チェックの中から発見された問題点などはすぐに処方医に疑義照会し、正確で安全な調剤に努めています。
お薬の説明書の発行
服薬指導の際に、患者さんが服薬しているお薬の効果や副作用情報などを書面にしてお渡しします。
お薬手帳の普及
他の薬局でどのようなくすりをもらっているか、同じくすりが重なっていないかのチェックをします。
新薬評価
新たに採用された医薬品の有用性や安全性について使用後調査を行なっています。
副作用モニター
毎年100件以上の副作用などの情報を集め、DI担当者会議を開いて分析・検討しています。新薬評価とあいまって、患者さんが安全な薬物療法を受けられるように努めています。

チーム医療の一員として|Team medical treatment

近隣医療機関との協力
近隣医療機関との協力
病院薬剤師や医師・看護婦など近隣の病院や診療所のスタッフの方達とお互いの専門性を生かして、患者さんに最適な医療の提供をテーマに検討会などをおこなっています。
患者さんを中心において、それぞれの医療の専門家がそのまわりを取り囲んで医療をすすめるチーム医療の一員として参加しています。

在宅分野で

安心して住み続けられるまちを願って|Town that can live at ease

在宅患者訪問服薬指導
在宅患者訪問服薬指導
通院できずに在宅で療養されている患者さん宅を訪問して服薬指導を行なっています。在宅患者さんは高齢の方が多いので、家族の方にも指導・説明をしています。医師や看護婦、ヘルパーの方達と連携をとりあって在宅医療に取り組んでいます。薬局の中の仕事だけではなく、こうして地域の中へ出かけていく仕事もしています。

地域の健康づくりのために

地域の中に入って|Inside in region

勉強会の講師としての活動
勉強会の講師としての活動
地域の人達や患者会(友の会)が主催する勉強会の講師として、わかりやすくお薬の勉強の手助けをさせていただいており大変好評です。こんなところにも私達のやりがいがあります。

社会保障の充実をめざして

社会に目を向けて|The society is paid to attention

社会保障・平和を守る活動
社会保障・平和を守る活動
患者さんの生活や療養条件は社会保障制度に支えられています。療養に専念しようと思っても患者さんの社会的・経済的理由から治療がすすまないという事例が増えています。誰でもがお金の心配なく安心して医療を受けられるように、患者さんや地域の人達とともに社会保障制度を充実させる活動に取り組んでいます。また、人々の健康や命をまもる医療従事者として、これと正反対にある「戦争」や「戦争政策」に反対し、平和を守る活動にも取り組んでいます。
薬害根絶のために
サリドマイド、スモン、ソリブジン、エイズ、ヤコブ病など日本における薬害があとをたちません。最近では、子宮頸がんワクチンも問題になっています。私達は薬の専門家として、薬害に関心を持ち、薬害に苦しむ人達とともに薬害を根絶するための活動などにも取り組んでいます。
Copyrights(c)2010 株式会社ユニオン企画 All rights reserved.